社畜生活を脱出!!脱サラ起業で自由を手に入れるための最短距離は…?

社畜生活を脱出!!脱サラ起業で自由を手に入れるためのポイントを徹底解説!

 

行きたくない飲み会勝手なことを言う上司や先輩マウント合戦いちいち忖度・・・本当にうんざりだ。
でも辞めたら、どうやって生きていけば良いのか分からない。

我慢して続けるしかないのか・・・。

 

今よりもっと自由な生き方をしたい。
もっと自分自身の好きなことのために時間やお金を使えるようになりたい!
けど、どうすれば良いのか分からない。

 

自分の好きなことをビジネスにしてみたいけど、失敗しないか正直不安
身近に相談できる人も居ないし・・・。

 

ひょっとして、こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

特に、勝手なことばかり言って来る上司や先輩、理解の無い同僚や後輩、意味不明な職場文化などにうんざりで

正直、サラリーマンを辞めたい

自分の好きなことを仕事にして、もっと自由に生きたい!

と思っている方は結構多いのではないかと思います。

 

しかし

「辞めても、状況は今よりも悪くなる」

「こんな世の中で仕事があるだけマシ」

「辛い状況は皆同じだから」

こういった言葉で「辞めて自由に生きたい」という気持ちに必死にブレーキをかけている…。

 

ひょっとして、こんな状況ではありませんか?

 

もし当てはまるようでしたら大変申し訳ないのですが、

そういう心のブレーキは実は必要ありません。

むしろ

ブレーキをかけてはいけません

下手をすれば、ご自身の心身を壊しかねない危険な行為です。

 

もし「辞めても生きていけないから、しがみつくしか無い」とお考えであれば、

それは実は単なる思い込みであり、このご時世でも会社に頼らず自分の力で自由に生き抜いていくことは可能です。

 

脱サラ成功の希望の日の出

 

実は、私自身もつい最近まで毎日うんざりしながらも「辞めても状況は悪くなるだけだ」と思い込んで、嫌々ながら会社にしがみつく生活をしていました。

しかし今は脱サラし、IT関係のフリーランスの仕事をして生きています。

会社員時代に比べ、経済的にも時間も心も自由度高く生きれるようになりました

 

強制参加の飲み会・不毛なマウント取り合い・忖度文化等を気にせず、自分の時間を大切にできる

 

モテるようになるための自分磨きに時間やお金を存分に使える

日々の生活の心配をせずに、自分の好きなことに思う存分できる

 

単価の低い仕事で擦り切れて消耗する生活から脱却できる

子供や家族と一緒に過ごせる時間を思う存分に取れる

 

・・・などなど、こういった未来を実現することは、実は難しくありません!

 

これは私だから可能だった訳ではありません。

年齢も決して若くありません(30代でして、転職市場では不利と言われる年齢層です)。

押さえるべきポイントをキチンと押さえれば、誰でも可能なことなのです。

そのポイントとは「業界(職種)選び」と「身につけるスキル」の2つです。

ただし、注意点もあります。

 

そこで、この記事では

脱サラ・起業をする際の業界(職種)選びのポイント

独立・起業の際に身につけておくべき重要なスキル

について解説したいと思います。

 

さらに、

もし自分が選ぼうとしていた業界(職種)が『避けた方が良い業界(職種)』に該当してしまった場合の対処法

もご紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク

脱サラ・起業の業界(職種)選びのポイント

林修先生

画像出典:「林修の今でしょ!講座」 ㈱テレビ朝日

 

『努力は裏切らない』っていう言葉は不正確だ。 

『正しい場所で正しい方向で十分な量なされた努力は裏切らない』が正しい

文書出典:「林修の仕事原論」林修 青春出版社

 

今では知らない人が居ないくらいの有名人である林修先生の言葉ですが、

この言葉は脱サラ・起業する業界選びの際も非常に重要な判断基準になります。

 

業界地図2022

画像出典:「会社四季報 業界地図2022」 東洋経済新報社

 

最初から非常に厳しい話で恐縮ですが、上図が示す通り業界によって収入に明らかに大きな差があります。
(最上位の総合商社と最下位の介護職では837万円の開きがあります)

どんなに自分がやってみたい・好きだし得意だと感じる仕事でも、

その業界の市場自体が小さかったり、衰退傾向では努力は報われにくいですし、

また、業界自体が成長中でも参入者が多ければ、それだけライバルも多くなり、激しい競争の中で生きていくことを強いられることになります。

 

つまり「何をやりたいか」よりも「どこ(業界・職種)でやるか」が、まずは決定的に重要になるということです。

以下では業界(職種)選びの重要なポイント4つをご紹介します。

 

努力が報われやすい具体的な業界を早く教えて欲しい‼」という方はこちらをタップ

 

①将来性がある業界か

経産省「IT人材需給ギャップ図」

画像出典:「IT人材需給に関する調査(概要)」経済産業省 平成31年4月

 

ここが最初の重要なポイントになります。

「将来性がある業界」とは「一般的に成長産業と言われていたり、今後大きく成長が期待される業界」のことを指します。

なぜ「将来性がある業界」が重要かと言えば「努力が報われやすい業界(の可能性が高い)」と言えるからです。

一般的に成長産業と言われる業界は市場規模が大きくなっていく最中であり、利益率も高い傾向があります。

そのため、新規参入者でも「利益を出しやすい=努力が報われやすい」と言えるのです。

 

②失敗した場合のリスクが小さい業界か

 

主に「初期費用・固定費が大き過ぎないか」というポイントです。

独立起業後いきなり初めから上手くいくことは稀であり、トライアンドエラーを繰り返して勝ち方を学んでいくことが多いようです。

そのため「1回の失敗のリスク」や「途中から方向転換する際のコスト」が大き過ぎる業界は避けるべきだと言えます。

例えば、参入する際のコストが大き過ぎると回収するまで時間が掛かるリスクが生じると言えますし、家賃や人件費等の固定費が掛かり過ぎるのもリスクだと言えます。

 

③参入・撤退はしやすい業界か

 

上記の①と②を踏まえた上で「参入・撤退しやすいか否か」も大事なポイントです。

現状ライバルが少なく、そこまで強くないのであれば参入しやすいと言えますが、状況が急速に悪化することもありえます

そのため、状況が悪化して勝ち目が無くなって来た時に「撤退しやすいか否か」まで考えておく必要があります。

この節の冒頭でもお伝えしましたが「どこで戦うのが努力が報われやすいか」という視点が業界選びでは大事になってきますので、

努力が報われにくい場所で頑張り続けて擦り切れてしまう」という事態を避ける意味でも「撤退しやすいか否か」という視点は忘れずに持っておきましょう。

 

④自分が熱意を持って打ち込める仕事か

 

自分が熱意を持って取り組めるか」や「自分の強み(専門性や経験)を活かせるか」という観点も当然ですが重要なポイントです。

どんなに魅力的な業界(市場)でも自分が熱量を持って続けられないのであれば、最終的な成功は望めないでしょう。

どんな仕事でも順調にばかり進む訳ではないので、途中には必ずスランプや試練がやって来ます。

そんな時に乗り越えられるか否かは「自分がどれだけ仕事に熱量を持ってやれるか」に掛かって来ます。

イヤイヤやっている仕事では長く続けることは困難でしょう。

 

身につけておくべき重要スキル

「努力が報われやすい業界」を選んだとしても、その努力が報われるか否かは「正しい方向で十分な量なされた」かどうかに掛かって来ます。

残酷な話ですが、努力する場所が正しくても「方向性」がズレてたり、「量」が不足していれば努力は報われません

この節では、「正しい方向で十分な量の努力」をするため必須となる重要なスキル3つご紹介します。

 

業界選びもスキル選びも間違えたくない‼」という方はこちらをタップ

 

①顧客獲得(営業)のスキル

独立起業する上で必須であり最重要スキルの1つなのですが、これが苦手or身につけてないという人も多いです。

どんなに良い市場でも顧客(案件)を獲得できなければ、仕事になりません。

 

②マーケティングのスキル

「顧客獲得(営業)のスキル」と並んで必須かつ最重要のスキルです。

どんな業界に参入するにせよ、自身のビジネスに集客し、継続的に収益を上げて経営を安定化させるためにはマーケティングの知見無くしては非常に困難でしょう。

 

③「人を頼る」スキル

独立したら基本的に頼れるのは自分1人だけになりますが、やるべき仕事も膨大に生まれていることにも気づかされます。

そんな中では自分がやらなくても良い仕事は外注したり、自分が詳しくないけど大切なこと(保険・税金等)は他の人の力を頼ったりすることも大切です。

 

スキルを身に着けるには「成功者に教わる」が最短!

「どうすれば良いか分からない」という人は現在既に成功している人に訊くのが最も早道です。

身近にそういった業界の先駆者や既成功者に相談できるようなら、そういったコネクションを活用すべきですし、

身近にいないようなら、サポートしてもらえるサービス(フランチャイズ支援、コンサル、オンラインサポート、各種スクール)を活用して相談してみましょう。

業界で既に成功している人に相談や指導を受けたりして、定期的に自分自身が「間違った方向の努力に向かってないか」をチェックする視点も得られます。

 

業界・スキルの両方で有利なのはWebマーケティング

Webマーケティング

 

ここまでの話で「努力が報われやすい業界を選ぶポイント」と「独立起業に必須の最重要スキル」について紹介・解説して来ましたが、

実はこの両者を同時に満たせる業界(職種)が存在します。

 

それがWebマーケティングという仕事(スキル)になります!

 

努力が報われやすい業界である「IT業界」の仕事であり、

さらに独立起業に必須の「営業・マーケティング」のスキルも身につけることができる

という一石二鳥な特長を持っています。

 

(ちなみに私もWebマーケティングを仕事にする人間の端くれです)

 

そのため、

「脱サラで絶対失敗したくない」

「起業してスピード早く成長していきたい」

等と考えている人には特におススメできる業界(職種)だと言えます。

 

本当に信頼できるWebマーケティングスクールを紹介!

しかし、Webマーケティングが独立起業に有利な仕事だと頭では分かっても、

いざ実践となると「身近に相談できる人や教えてくれる人がいない」ということで二の足を踏んでしまう人も多いと思います。

そのため、「Webマーケティングで独立起業ができるようにサポートしてくれるサービス」を活用することをおススメしたいのですが、

現在、巷には数多くのWebマーケティングスクール等のサービスが出てきており、玉石混交な状態であるのも事実です。

 

そこで今回は、

そういったサービスを「実績面」「サービス内容」「コスト面」等の基準で調査・比較した上で、

現役のWebマーケターから見て信頼に値すると判断できたサービスを厳選して紹介させて頂きます。

 

そのスクールとは・・・

 

コンバジョニスタというスクールです‼
(私が実際に受講して、実力や評判を確かめたスクールです!)

 

脱サラ起業の強力な味方となるスクールはこちら!

 

コンバジョニスタは「幅広い年齢層の完全未経験者」を「Webマーケティングのプロ」として独立起業できるように育て上げて来た実績が豊富なスクールです。

なお、どのスクールも無料での個別相談会カウンセリングを用意しているので、

事前にカウンセリング等を受けて、どれが自分に合っているかを検討した方が良いでしょう。

 

以下でスクールの特徴を詳しくご紹介します。

 

コンバジョニスタ

Webマーケター(Webマーケティングを仕事とする職業)のフリーランス独立支援で実績のある老舗スクールです。

私も実際に受講したスクールの1つです。

 

主にWeb(ネット)広告運用のWebマーケティングに非常に定評があり、

  • 事業の根幹となる戦略作り
  • 案件獲得方法
  • 交渉の仕方
  • 契約書等の書類の作成の仕方
  • 広告運用
  • SNS活用戦略

などに至るまで幅広く手厚くサポートしてくれます。

中でも特筆すべきは「営業同行」と「実案件を使っての教育」の2点です。

 

 

凄腕営業マン&Webマーケターの力を営業の現場で借りられる!

 

「営業同行」は他スクールでは行っていない(マネできない)サポートでして、

なんと、スクールの代表者であり運営会社の社長である勝原氏が同行してくれます!

 

勝原氏は、営業経験が非常に豊富で百戦錬磨の「凄腕営業マン&Webマーケター」ですが、

そんな彼の力を実際の顧客獲得の現場で借りることができますので、かなりの安心感を持って交渉に臨めます。
営業に不安で仕方なかった私も勝原氏の指導のお蔭で初月で案件を獲得できた!

 

実際の案件で学ぶからこそ大きく早く成長できる

さらに、スクールで教材とされるのは「自分が獲得した実案件」であるため

自分のクライアントの悩みや要求にどう応えるか」という

他のスクールでは学べない「自分だけの教材」でリアルな案件の要点を緊張感を持って学べます。

こういった指導により受講生は非常に速いスピードで成長できます
(中には月200万円以上稼げるようになった受講生もいます!)

 

手厚く充実している分、料金は高い

注意点は「受講料が他スクールよりも高いこと」です。
※3か月受講料:約60万円、6か月受講料:約100万円

他のスクールでは殆どマネできない程の手厚く充実したサポートであるため、どうしても料金は高くなってしまうようです。

 

しかし、コンバジョニスタの場合、上述した通り実際に自分が獲得した案件を使っての教育となるため学習期間でも収入は入って来ます

そのため他のスクールでありがちな「学習期間は収入0」にはなりにくいので、実質的な負担は実はそこまで大きくないかも知れません。

「案件獲得(営業)から広告運用まで最短最速で成果を上げられるようになりたい!」とお考えの方に特におススメできるスクールだと言えます。

 

 

自分が選びたい業界(職種)が『避けた方が良い業界(職種)』に該当してしまったら・・・

業界選びのポイント」の箇所で自分が起業したい業界が「成長産業でもなく失敗した時のリスクも小さくない」という業界には該当するものの、

自分の好きな仕事なのでどうしても挑戦してみたい!」という人もいらっしゃるかと思います。

情熱を持って打ち込める仕事があるということは素晴らしいことなので、

そのお気持ちは持ち続けて頂きたいのですが、現状何の戦略・戦術も無ければ挑戦することはおススメできません。

 

多少遠回りにはなりますが、

その業界ではなく一旦、他の成長産業等(特にIT業界)でマーケティングのスキル等を身につけた後で、本当にやりたかったことに挑戦するという道が良いと思われます。

 

脱サラ起業の強力な味方となるスクールはこちら!

 

まずITやマーケティングから始めるべき理由は以下の3つです。

 

①営業やマーケティングのスキルが必ず役立つ

ご自身が本当にやりたいビジネスが実店舗系にせよオンラインにせよ、独立起業に伴って営業やマーケティングは避けては通れない部分だからです。

逆に言えば、早い段階で身に着けておけば「自分の強力な味方」とすることも可能です。

営業やマーケティングのノウハウや成功体験を得られやすいIT業界等の成長産業で経験しておくことで、

より難易度が高い業界」や「自分が本当に挑戦してみたい業界」でも、そのノウハウや経験は応用できるかと思います。

 

②ITの知識やスキルは「どう転んでも役立つ」から

コネクティング・ドッツ

画像出典:「シャインの品格」 https://shain-no-hinkaku.com/connecting-the-dots/

IT業界(特にWebマーケティング)の知識は現在あらゆる業界に影響を及ぼしているので、一見ITとは無関係に思えても、身につけたスキル・知識・経験は必ず活きて来ます。

 

例えば、本来やりたかったのは農業だったが、一旦IT業界に入ってWebサイト制作の知識やECサイトのマーケティングのノウハウを学んでおいたことで、

業者に頼らず自分自身でサイト制作が可能になったり、農産物(商品)のオンライン販促を拡大していく上で役にたった等の話も聞きます。

 

どう転んでも役に立つ」ITの知識やスキルをはじめに身に着けておくのもアリではないでしょうか?

 

③安定的な収入源を作っておくことで安心して挑戦できる

生活への不安を抱えたまま、成功するかどうか分からない挑戦をするというのは、精神的にも大きな負担になるかと思われます。

「業界選びのポイント」の箇所で述べた通り、IT業界等は他業界に比べて「正しい努力が報われやすい業界」であるため、安定的な収入源も作りやすいと言えます。

そのため、一旦IT業界等で基礎となる安定的な収入源を確保しておいた上で、

生活の不安や心配なく自分が本当にやりたいことに挑戦するのが、精神的にも経済的にも健康的な挑戦になるのではないでしょうか。

 

脱サラ起業の強力な味方となるスクールはこちら!

 

Webマーケティングの力で経済的にも心身も自由になる!

繰り返しになりますが、脱サラ(独立)して経済的にも精神的にも自由になるには闇雲な努力では報われません。

「業界選び」と「身に着けておくべきスキル」を戦略的に考えて行動しなければなりません。

そして、そのための早道の1つがWebマーケティングだということはお分かり頂けたかと思います。

 

「うんざりするサラリーマン生活から抜け出したい」

 

「モテるようになるための自分磨きに時間やお金を存分に使えるようになりたい」

「日々の生活の心配をせずに、自分の好きなことに思う存分できるようになりたい」

 

「単価の低い仕事で擦り切れて消耗する生活から脱却したい」

「子供や家族と一緒に過ごせる時間を思う存分に取れるようになりたい」

「でも、どう動けば良いのか分からない・・・」

 

そういったお悩みをお持ちであれば、まずは一旦Webマーケティングの仕事をしてみることをおススメします。

ここまで説明して来ました通り「努力が報われやすい業界」であり「どう転んでも役立つスキル」が身につく仕事であることは間違いありませんので、

まずはWebマーケティングから始めることが今後の可能性を広げてくれると思います。

経済的にも心身も健やかになる自由をWebマーケティングの力で実現していきましょう

 

 

 


タイトルとURLをコピーしました