【転職先は2000社超⁈】マケキャン by DMM.comなら評判通り転職成功&年収アップは実現できるのか?【卒業生の実体験談】

IT

 

 

  • マケキャン by DMM.comの体験者の生の声を知りたい
  • マケキャン by DMM.comの評判はあてになるのか?
  • マケキャン by DMM.comならWebマーケターに転職し、年収アップできるかを知りたい

  

「これからの社会は『自分で自分の身を守る社会』だ」

このような言葉がよく聞かれるようになった昨今、

「会社に依存」するのではなく、「個人の力で稼ぐ」スタイル

拡大しつつあります。

 

そのような状況の中で、

どんな仕事にも通じるスキル」であるWebマーケティングの知見、

そして、それを実際に扱うWebマーケターという仕事が

注目されて来ています。

 

そんなWebマーケターを養成するスクールの「No.1」である

マケキャン by DMM.com

Webマーケターに転職したい」とお考えの方にとって見逃せない存在です。

 

そのような「マケキャン by DMM.com」に対して、

冒頭に示したような思いを抱いている方は少なくないと思いますし、

私自身もそうでした。

 

今回はこういった要望等にお応えするため、

マケキャン by DMM.comを実際に受講した方の体験談をご紹介しつつ、

マケキャン by DMM.comの実態や評判の真偽について

解明していこうと思います。

 

今回ご紹介するのは

エンジニアからWebマーケターへ転職を成功させた方の

体験談です。

 

スクールに対する遠慮や忖度はせず、自分自身の正直な感想を述べてもらいました!

 

体験してみて感じた

良かった点」も「悪かった点」もそのまま載せています。

 

ですので、

マケキャン by DMM.comを検討中の方は必ず読んで欲しい

今回の体験談となっています‼

 

 

最初にマケキャン by DMM.comの基本情報を確認に紹介した後、

本題の「エンジニアからWebマーケターへ転職を成功させた方の『体験談』」をご紹介します。

 

「体験談」をすぐに読みたい方はこちらをクリック!

 

 

スポンサーリンク

マケキャン by DMM.comの基本情報

 

項目細目
コースWEBマーケターコース
料金受講料(3ヵ月):598,000円(税抜)
入学金:30,000円(税抜)
授業通学・オンラインだが、
現在はコロナ対策のためオンラインのみ

 

マケキャン by DMM.comはWebマーケターを養成するスクールであり、

Webマーケティングスクール業界では「No.1」と言われています。

 

 

未経験者からの転職を可能にする

 

3ヵ月間の学習期間でWEBマーケターへの転職を可能にするため、

実務を想定したカリキュラムが用意されており、現役のマーケターが講師として指導します。

具体的には、受講開始から2ヶ月間は基礎から応用まで集中的に学び、

3ヶ月目では広告代理店で働くマーケターから直接指導を受け

卒業後に即戦力として活躍できる能力を身につけていきます。

 

また、内定獲得のための指導も充実しており

受講生へのヒアリングに基づくキャリアカウンセリングや

履歴書、職務経歴書の作成アドバイスや擬似面接の実施など、

企業の内定を得るためのサポートを実施しています。

 

※マケキャン by DMM.comの

その他の特徴については以下の記事を参照してください。

⇒マケキャン by DMM.comの主な特徴

 

 

ココから「エンジニアからWebマーケターへ転職を成功させた方の『体験談』」です!


 

 

私がマケキャン by DMM.comを選んだ理由

 

「数字」と「自分の経験」両方活かせる仕事を探して

 

私は自分の仕事を選ぶにあたり、

理系だから比較的パソコンを使うのが好きだからという理由で

なんとなくエンジニアになりました。

 

しかし、実際にエンジニアとして仕事をしているうちに、

自分に合っていないことが段々と分かってきました。

これからも同じ仕事を続けるべきか迷うようになった時に、

Webマーケティングという仕事を見つけ、興味を持つようになりました。

 

数字を使う仕事がしたくて、なおかつ今までやってきたことを活かせる仕事がしたい

と思っていましたので、これなら良さそうだなと感じ、

Webマーケティングを学ぶことにしました。

 

「厳しくても確実に自分のためになる!」と感じたことが決め手

 

Webマーケティングを学ぶにあたって、当初は独学で勉強していたのですが、

独学は限界があると感じ始めたため、スクールに通うことにしました。

 

スクールを選ぶにあたって重視したことは、

しっかり実務に必要な知識を培える環境かどうかという点でした。

 

マケキャンは厳しい」という噂を聞いてはいましたが、

確実に仕事につながるスキルを身につけたかったので、

あえて厳しい環境に身を置くことで、緊張感を持って学びたかったのと

未経験からでも短期間で戦力になれそうだと感じたこと

が決め手になり、マケキャンを受講することに決めました。

 

 

マケキャン by DMM.comの良かったところ

 

週末のプレゼン発表会があるので「やらざる得ない」

 

マケキャンの良かったところは、

まず、毎週1回の週末講義(週末プレゼン発表会)が必須で、

それに備えた準備を平日にしなければならず、

嫌でも勉強をせざるを得ない状況を作られるです。

 

社会人だと、仕事が忙しいなどの理由で習い事をしていても長く続かない、

サボりがちになる人も多く、私もそのタイプでした。

 

マケキャンでは、毎週の講義終わりに次の週末までの課題を渡されます。

そのため、仕事で疲れていることを言い訳にはできず、

課題をやらざるを得ないため、嫌でも学び続けられました。

 

週末講義に休日1日分費やす形になりますので、

週休1日になってしまうのが体力的に辛い部分はありますが、

3ヶ月間の短期集中で学びきるために、

自分を嫌でも追い込めるのが、私には合ってました。

 

「プレゼン発表会」が成長を促す!

 

 

マケキャン by DMM.comの大きな特徴の1つですが、

週末講義で、受講生による「プレゼン発表会」を行っています。

 

前週末に翌週末の発表会の課題が出されるため、

1週間で自分なりにプレゼンできるように仕上げておかないといけません。

  

通常の動画視聴による受講に加え、プレゼンの準備もしなければならないので、

今回の体験談の方のように、仕事を持っている人はハードになりがちですが、

 

マケキャン by DMM.comの北川理土さんによると

「学んだ知識のアウトプットの機会になっていて、

 受講生自身の理解の定着のためであり、

 また、他の人のアウトプットも知ることができるので」

受講生が短期間で大きく成長する上で、この「プレゼン発表会」は

重要な役割を担っているとのこと。

 

3ヵ月という短期間で

受講生を即戦力のWebマーケターに転職させることに責任を持つ以上、

マケキャンとして譲れない大切なこだわり」の1つ

だと感じました。

グループワークで切磋琢磨し、人脈もできた

 

 

マケキャンは前述した通り、週末講義でプレゼン発表会を行うのですが、

その際のグループワークも良かった点だと感じています。

 

一緒に学習を行うのは、自分と同じくマーケターを目指す人たちだけ。

そのような環境で学習を行い、

みんなで切磋琢磨できる環境だったのも良かったです。

 

学習塾のような雰囲気で、ライバルではあるものの、

基本的には、みんなで仲良く楽しくグループワークに取り組むので、

忙しくはありましたが、講義が息抜きになっている部分もありました。

今でもマケキャンで知り合った人と交流があり、人間関係も広がりました。

 

広告代理店の人からのダメ出しのおかげで急成長できた

 

 

そして、マケキャンで一番印象深い思い出でもありますが、

実際の広告代理店の方を相手にプレゼンを行った時の経験です。

 

正直プレゼンはかなり怖かったです。

実際に、プレゼンではダメ出しばかりで褒めてもらえることは殆どありませんでした。

結構言われるので、プレゼンの最中はメンタルがえぐられます(泣)。

 

ただ、このときにたくさんダメ出しを受けたお蔭で、

実際にマーケターとして働き始めて、

クライアントが何を求めているのかを早い段階で理解できるようになりました。

 

当時は辛く感じてはいましたが、

こういうプレゼンをマーケターに転職する前に経験できたのは大きかった

と思います。

 

厳しいけど、得るものも絶大な「広告代理店へのプレゼン」

 

 

「マケキャンは厳しい」と言われる、最たる特徴と言えるかもしれないのが、

この「広告代理店担当者へのプレゼン発表」です。

 

週末講義のプレゼン発表会とは段違いの緊張感の中で行われる

プレゼン発表となっているようです。

 

今回の体験談の方もおっしゃっていましたが、

事実、広告代理店の方からの厳しいフィードバック(ダメ出し)も多いそうです。

 

この点について、マケキャン by DMM.comの北川理土さんお訊きしたところ、

確かに厳しいフィードバックは多いものの、

広告代理店の現役担当者の『生の声』を直接聴く機会はそうそうないので、

 受講生にとって非常に勉強になる機会」となっており、

ここで得られた学びを活かして

広告代理店のへの転職を成功させている卒業生もいる

とのことでした。

 

前職の経験も活かせる転職先で年収アップに成功!

 

 

転職サポートも充実しており、

特にベンチャー企業の求人を多めに紹介してもらえたのも良かったです。

 

マケキャンを利用する前は、

未経験OKの企業に入社後にマーケティングを学べば良いのではないか

と思っていたこともありましたが、

 

求人を調べてみると、

固定残業時間が30時間以上と多かったり、休日が少なかったり、

と不安なものが多かったので、

未経験のままで、未経験OKの企業に飛び込むのは避けるべきだなと思いました。

 

マケキャンの転職サポートでは、

エンジニアとしての経験も評価してもらえる職場を紹介され、

1年目で年収390万円になりました。

 

エンジニア時代よりも年収が上がったのが嬉しかったですし、

マーケター1年目でこの年収は高めだと思います。

 

ちょっと補足

最短3年で年収1,000万円超の人も出現する「Webマーケター」という仕事

 

 

Webマーケターへの転職直後では、実は年収はそこまで高くなく、

300~400万円が相場となっています。

 

しかし、その後経験を積み、知識とスキルを身につけていき、

入社後3~6年目以降になれば、年収1,000万円超の仕事への転職も可能と言われており、

中にはフリーランスで活躍している人もいるようです。

 

一般的な日本企業の昇給の仕方から見ると、

未経験から出発して10年足らずで年収1,000万円超になることは、

まだまだ数少ないと言えますので、

Webマーケターという仕事が、将来性も利益率も高い職種であることが

お分かり頂けるかと思います。

 

 

 

もともと統計や数学も好きなので、今後はこの分野について知識を深め、

データサイエンスなども活用できるマーケターを目指したいです。

 

 

マケキャン by DMM.comの残念だったところ

 

運用についてはあまり学べない

 

マケキャンで残念だったと感じたところは、

運用に関する部分をあまり学べなかったと感じたところです。

 

マーケター未経験者向けの求人は、運用からスタートする仕事が多いのですが、

マケキャンで学ぶのはプレゼンなど営業的な部分やプランニングが中心でした。

これらは非常に大切なスキルではあるものの、

求められて来るのは、マーケターとしてある程度経験を積んでからです。

 

レベルの高いスキルや知識が事前に身に着くのは良いですが、

転職向けの即効性ある内容も、もう少し講義に入れて欲しかった

と感じました。

マケキャンでは運用は学べない?

 

 

今回の体験談の方は

「マケキャンでは転職に即効性のある『運用』はあまり学べなかった」

とのことですが、

これは「『個別の広告運用のテクニック』をあまり学べなかった

と言い換えることができるかと思います。

 

これは、なぜなのでしょうか?

マケキャンによると

「未経験者が陥りがちな『特定の商材(媒体)のみに詳しくなってしまう

 という失敗を回避するために、

 『マーケティングの全体像の理解から始まり、具体的な内容へ

 の順番を重視している」

とのことでした。

 

つまり、細部にこだわるあまり「木を見て森を見ず」の状態に陥って、

本当に大切なWebマーケティングの本質を十分に学べず、

Webマーケターへの転職自体ができなくなる恐れがあるからこその

「マーケティングの全体像の理解」を重視する姿勢なのだと言えます。

 

その「全体像重視」の姿勢が、今回の体験談の方には

「(個別的な)運用をあまり学べなかった」と感じたのかも知れません。

 

Webマーケティングスクールとして実績No.1であるマケキャンの考えは

非常に説得力があるものの、

 

学ぶ人達にも、それぞれの事情や価値観があるかと思いますので、 

「個別的な広告運用だけを学びたい」などの場合は、

学習内容をパーツ単位で学べるUdemyなどのサービスも併用して、

ご自身のニーズに即した学び方へとカスタマイズしていきましょう。

 

質もレベルも高い分、料金は安くない

 

料金面が安くなかったことも難点でした。

他のマーケティングを教えているスクールと比べると、

マケキャンは3ヶ月で50万円超えなので高めの料金設定だと思います。

 

50万円以上の出費は正直痛かったですが、

転職ができなければ半額返金の制度があったので、受講に踏み切れました。

 

ただ、料金は高めではありましたが、

その分教えてもらえる内容はとても濃く、

マーケターとして仕事をしていく上での血肉となっていますし、

また、転職し、実際に年収アップすることができましたので、

支払った料金以上の「見返り」を得られたと感じています。

 

マケキャン by DMM.comは

サービスの水準も充実度も業界屈指のレベルですが、

料金の方も相応の額になっています。

 

決して安くない額ですので、

一括で支払うのが困難な方向けに月賦払いも可能になってます。

(ただ、その場合は手数料もついて来ますので

分割を避けたい方は、

あらかじめ料金の分を貯めておいた方が良いでしょう)

  

また、どうしても料金面が受け入れられない方は、

サービスの充実度は下がるかも知れませんが、

料金が安価な別なスクールを検討した方が良いでしょう。

 

参考

TechAcademy

業界大手のプログラミングスクールで、マケキャンより安価だが、

プレゼン発表会などのアウトプットの場は無い。

 

Udemy

自分の学びたいところをパーツ単位で学べるので、その分安価。

しかし転職保証や転職支援サービスは無い。

 

 

通学は大変かも

 

マケキャンの週末講義では、

六本木にある教室に週に1回通わなければいけません。

千葉に住んでいたので、

休日に六本木まで行って帰ってくるのはかなり体力的にハードでした。

 

唯一の休日はヘトヘトで動けなくなっており、

正直都内などアクセスが良い場所に住んでいる人には良いですが、

通学に時間がかかる人にとっては大変でした。

 

ちょっと補足

現在はコロナ感染防止のため、教室への通学自体行っていません。

全受講生がオンラインで参加することになっています。

 

 

マケキャン by DMM.comにおススメできる人

 

マケキャンにおススメできる人は、

年収や待遇を改善させるためにマーケターに本気で転職したい

と考えている人です。

 

マケキャンは他のスクールと比べてかなりハードなので、

仕事と両立するのはかなり大変でした。

仕事の後に勉強しなければなりませんし、

毎週末のプレゼンの準備もしなければならないので、

辛いと感じたことも何度もありました。

 

さらに、定期的に行われるテストは難しく、

最終テストの内容は、今の職場の上司も驚いていたほどです。

 

ただ、その分短期間で高いスキルが身に着き、転職も有利になります。

しかも、DMMはベンチャー企業のコネクションもたくさん持っており、

紹介してもらえる転職先も充実しています。

 

ちょっと補足

紹介できる転職先は約2,000社!

 

 

DMMブランドの力というべきか、約2,000社の紹介先を持っており、

それゆえ、受講生の適性や方向性に柔軟に合わせた進路紹介も可能とのこと。

 

現状よりも年収や待遇を改善し、確実にマーケターへの転職を成功させるために、

厳しい環境に身を置いてでも成し遂げたいと強く思える人にとって

これほどおススメできる環境はありません。

 

 

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

「マケキャンは厳しい」という評判が、

まさに当たっていると言える今回の体験談でしたが、

 

単なる「厳しい」でなく、

辛くて厳しいものの、その先には

「高収入」や「会社に依存しない個人の力」を手に入れることができる未来

が待っているという

希望が持てるものでもありました。

 

決して「楽でカンタン」な道のりではないですが、

その道のりを必死に走りきることができるなら、

着実に、しかし劇的に人生を変えていける道だと言えます。

 

今回の体験談の方のように、

これからの人生を大きく好転させるために

3ヵ月間の「修行」を受け入れることができる人にとっては、

この「マケキャン by DMM.com」は有力な選択肢と言えるのではないかと思います。

 

 

今回は以上になります。

お読み下さりありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました