【敵は挫折だけ】RaiseTech(レイズテック)なら稼げるエンジニアになれるのか?【評判を超える実力!未経験者のための最強のスクール】

IT

 

 

  • エンジニア転職したいけど未経験者は飽和しているって聞くので踏み出せない
  • エンジニアになって本当に高収入を稼げるの?
  • もう若くないので、エンジニア転職に絶対失敗できない

  

自由な働き方で高収入」ということで人気の職業になってきたITエンジニアですが、

その一方で、

ブラックなSES企業を紹介されてしまい、自由とは程遠い社畜状態

プログラミングスクールに通ったはいいものの、全然仕事はできないし、案件も獲得できない

など、「闇が深い」と思える話も聞こえてくるようにもなり、

プログラミングスクールに対しても以前よりも厳しい選択・検討の目が必要になって来てました。

 

そのような状況で、

稼げるエンジニアになる」ことを掲げる「RaiseTech」は

お金も時間も無駄にせず、エンジニア転職を確実に成功させたい

と考える方にとって、特に気になる存在です。

 

そのような「RaiseTech」に対して、

冒頭に挙げたような思いを抱いている方は少なくないと思いますし、

私自身もそうでした。

 

今回はこういった要望にお応えするため、

RaiseTechを実際に受講した方の体験談をご紹介しつつ、

RaiseTechの実態や評判の真偽について

解明していこうと思います。

 

今回ご紹介するのは

「未経験からAWSエンジニアへの転職に成功した方」

体験談です。

 

スクールに対する遠慮や忖度はせず、自分自身の正直な感想を述べてもらいました!

 

体験してみて感じた

良かった点」も「悪かった点」もそのまま載せています。

 

ですので、

RaiseTechを検討中の方は必ず読んで欲しい

今回の体験談となっています‼

 

 

最初にRaiseTechの基本情報を確認に紹介した後、

本題の「未経験からAWSエンジニアへの転職に成功した方の体験談」をご紹介します。

 

「体験談」をすぐに読みたい方はこちらをクリック!

 

 

スポンサーリンク

RaiseTechの基本情報

 

項目細目
コースJavaフルコース
Javaフレームワークコース(経験者向け:「単体コース」)
AWSフルコース
AWS自動化コース(経験者向け:「単体コース」)
WordPress副業コース
デザインコース
マーケティングコース
フロントエンドコース
料金Javaフルコース :398,000円(税込) 学割:238,000円(税込)
Javaフレームワークコース :248,000円(税込)
AWSフルコース     :398,000円(税込) 学割:238,000円(税込)
AWS自動化コース    :248,000円(税込)
WordPress副業コース   :298,000円(税込) 学割:198,000円(税込)
デザインコース      :298,000円(税込)
マーケティングコース   :398,000円(税込) 学割:238,000円(税込)
フロントエンドコース   :398,000円(税込) 学割:238,000円(税込)
授業オンライン

 

 

「現場主義」と「現役講師」

「本当に稼げるエンジニア」になるために

RaiseTechが重視しているのが「現場主義」と「現役エンジニア」です。

 

現場で使われる技術」を「稼いでいる現役エンジニアがリアルに教える」ことが、

「本当に稼げるエンジニア」になるための「最速・最短の道」と考えているからです。

 

カリキュラムを全て公開

他のプログラミングスクールでは

「カリキュラム」を公開していないところもありますが、

RaiseTechでは全てのコースのカリキュラムを公開し、

どんな技術が習得できるかについても公開されているので、

 

自分自身が身につけたい技術や、

今後の就きたい仕事や稼ぎ方に合わせた学習計画を立てるやすく、

「こんなはずじゃなかった・・・」というミスマッチを防げるようになってます。

 

※RaiseTechの

その他の特徴については以下の記事をご参照下さい。

⇒RaiseTechの主な特徴

 

 

ココから「未経験からAWSエンジニアへの転職に成功した方の『体験談』」です‼


 

 

RaiseTechを受講した理由

 

本当に稼げるようになりたいからRaiseTechを選んだ

 

私はエンジニアへの転職を考える中で「RaiseTech」を受講しました

なぜ、さまざまなプログラミングスクールからRaiseTechを選んだかというと、

プログラミングだけを教えるスクールではなく、「エンジニアリングスクール」である、ということが決め手になったからです。

 

ちょっと補足

稼げるエンジニアになるための「エンジニアリングスクール」

 

「エンジニアリングスクール」とは、RaiseTechの創設者(兼代表者)のエナミコウジ氏の造語で、

エンジニアとして稼げるようになるためのスクール」という意味です。

 

エナミさんが、このような造語を生み出した背景には、

従来のプログラミングスクールではプログラミングスキルは教えても、

エンジニアとして稼いで行くための案件の獲得の仕方などの実務上不可欠となる「エンジニアとしての仕事の仕方」までは教えていないところが多く

そのため、「エンジニアに転職しても稼げない」という人を生みだしてしまったという問題点が生じていました。

 

そこでエナミさんは、

エンジニアとして本当に稼げるようになるために、単なるプログラミングスクール以上の教育をする」との思いから、

上記のような「エンジニアリングスクール」の設立に至ったそうです。

 

ちなみにRaiseTechでは、毎週金曜日20時からエナミさんによる無料の説明会を開催しています。

この説明会では、主にIT業界未経験者に向けての「IT業界案内」をしてくれています。

 

自社のスクールを一方的に売り込むような説明ではなく、客観的で公平な「業界案内」の説明会になっておりますので、

特に「エンジニアになりたいけど、IT業界に詳しくない・・・」という方は是非とも聴いておくべき話だらけですので、

参加されることを強くおススメします。

 

⇒RaiseTechの無料説明会はこちら

 

KataLibe(かたりべ)
KataLibe(かたりべ)

ちなみに現在、当ブログからRaiseTechに受講申し込みされた方限定で、

10,000円キャッシュバックさせて頂くキャンペーンを実施中です!

 

なお、このキャッシュバックはRaiseTechの各種割引と併用可能なので、かなりお得なものとなっています‼

 

キャッシュバックには条件がありますので、

キャッシュバックご希望の方は「お問い合わせフォーム」より必ずご連絡下さい

 

いざ転職となったときに、実際の現場でスクールで学んだ知識を生かせなければ意味がありません。

ほとんどのスクールでは、プログラミングの知識についての学習やスクールでの課題をこなすことが一般的な流れとなっています。

一方RaiseTechでは、実務につながるようなレベルになるように、体得しておく必要のあるさまざまなスキルを習得する講習が行われます。

つまり、稼ぐことのできるエンジニアを育成することを、一番の目標にしている点がとても魅力的でした。

 

RaiseTechにはAWSのためのコースがある

 

さまざなクラウドサービスのなかでもトップといわれている「AWS」を、

現場で通用するように指導してもらえるということで、「AWSフルコース」を受講することにしました。

 

AWSって何?

 

AWSとはAmazon Web Servicesの略称で、

クラウド型の情報処理基盤システムの1つで、数あるクラウド型の中で最も利用されているものです。

クラウド型の情報処理基盤システムとは、

ざっくり言えば「インターネットを経由して利用できるサーバやネットワーク等(正確にはIaaS)を提供する仕組みのこと」です。

 

このクラウド型の利点としては、

自社でサーバやネットワーク等を持つ必要がなく、必要な時に必要な分だけ利用できるため、

従来型(オンプレミス型という)に比べて、空間的・時間的・金銭的なコストを大幅に節約できるという点です。

 

こういった利点から、クラウド型を利用する企業や個人は増加し続けており

今後のビジネスの在り方そのものも大きく変化させていくと注目されています。

 

さまざまな現場でAWSを採用している中、ほとんどプログラミング知識がない未経験者の私でも、

AWSを扱えるインフラエンジニアとして活躍するには、

専門コースを用意しているRaiseTechが一番良さそうに感じました。

そして、AWSフルコースは、基礎知識から応用的なスキル、

そしてさまざまなクラウド技術を学んでおきたい、という自分の考え方と一致した受講目標がありました。

 

 

RaiseTechを受講して良かったところ

 

稼げるためには「稼げているエンジニア」から教わるのが最短!

 

RaiseTechを受講してみて良かった点の1つに、講師が「現役の稼げるエンジニアだけ」であるということです。

しかも、さまざまなサポートをしてくれました。

なぜ、「現役の稼げるエンジニアだけ」が講師であるかというと、 現場で今求められているスキルについて、しっかり指導できて、

そして、「実際に稼げるエンジニア」になることが目標である以上、

実際に稼げていないエンジニアからでなければ現場で通じるスキルは学べない」というスクール代表の考えに基づいているからだそうです。

 

月単価80万円以上稼いでいる現役エンジニアが講師(例外ナシ)

 

RaiseTechの大きな特徴の1つですが、

講師になる資格を持つのは「月単価80万円以上を実際に稼いでいる現役エンジニアだけ」とされています。

この理由は、エナミさんの「稼げるエンジニア」になるということへの強いこだわりが反映されています。

 

『稼げるエンジニア』になるためには、どうすれば良いのか」という問に対して、

RaiseTechが出した答えは「現状稼いでいる現役エンジニアのようになる」ことであり、

そのためには「実際に稼いでいる現役エンジニアから教わるのが一番早道」との考えを持っています。

 

非常に単純とも思える答えですが、「稼げるエンジニア」になるためには極めて効果的な解決策だと言えます。

ただ、難点としては「その分難易度が高くなりがち」だとも言えることです。

「実際に稼いでいる現役エンジニアのようになる」ためには、それだけ乗り越えるべき山も高くなりがちだからです。

事実、エナミさん自身も

ウチで勉強して挫折さえしなければ、稼げるエンジニアになれる!」と力説しています。

 

事実、私は講師からリアルな現場の話や、案件に関わるプログラミング以外の話など、

仕事で不可欠になる「エンジニアとしての力」が身につくような指導を受けることができました。

 

無制限の質疑応答などのサポート体制が用意されている


つぎに、受講期間中は無制限で質疑応答してもらえるという点も良かったです。

私の場合、他の人はスムーズに理解できている内容について理解できないことがあったので、

現役エンジニアに直に質問をして確認できることが心強かったです。

 

また、受講生によって、それぞれの進捗状況が異なるので、

どの程度授業について来れているのか、運営や講師側で把握し、管理してくれます。

そのため、追いついていない講習内容に対しての補講やビデオ通話でのマンツーマン指導なども行われています。

 

また、講習を終えた後も、RaiseTechではサポートがあります

受講後のサポートがないスクールがほとんどなので、とても嬉しいサポートでした。

その他にも、就職転職へのサポート体制が整っていたので安心して受講を続けられました。

 

挫折を防ぐための徹底的なサポート

 

「稼げるエンジニア」になるためのRaiseTechの基本戦略

実際に稼いでいる現役エンジニアにようになる」ことだということはお分かり頂けたかと思いますが、

一方で、その戦略は難易度も高くなるので、挫折の危険性も高くなることもご理解頂けたかと思います。

 

それでは、戦略上の弱点となる「挫折」に対してRaiseTechはどのような対策を講じているのでしょうか?

その対策とは「徹底的なサポート体制」です。

具体的には「受講中も受講終了後も半永久的に続くサポート」のことです。

 

更に具体的に言うと、

  • 動画教材での予習・復習が可能
  • 実際に稼いでいる現役エンジニア講師への質問回数無制限&質問内容不問
  • 受講終了後の案件の獲得サポート&獲得の仕方の指導
  • 受講終了後でも半永久的に講師への質問可能

などであり、

特に「講師への質問内容不問」は驚異的で、自分の仕事上の相談でもOKとされてますので、

まさに「これでもか!」というほどの徹底的なサポート体制です。

 

挫折する気がしないです💦。


 

RaiseTechを受講して辛かったところ

 

現場で通用し、「稼げるエンジニア」になる実務レベルであるため、

RaiseTechのAWSフルコースのカリキュラムは、難しかったです。

 

未経験な上、プログラミングについても基礎レベル程度の知識しかなかったので、

当初の講義については、ほとんど理解できていませんでした。

 

また、中盤以降から講習内容が高度になるにつれて、

AWSのスキルは習得できないのではないかと、落ち込んでしまった時期もあったほどでした。

 

また、後日ネットや参考書で調べたりすることもあったので、講習だけではなく自学の時間も必要でした。

 

しかし、分からないことがあれば、その都度講師に質問することができましたし、

わからない点を何度も質問しても、講師は嫌な顔せずに丁寧に回答してくれました

このような、さまざまなサポートがあったことで、何とかカリキュラムを終えることができました。

 

 

未経験者にも強くおススメできるRaiseTech

 

RaiseTechのAWSフルコースは、専門的で高難易度なスキルを身につけたいと考えている人

今後ますます普及していくであろうクラウドサービスに関わるエンジニアになりたい人

におススメです。

 

逆に、基本的なプログラミング知識やエンジニアのスキルについて学ぶだけでよいと考える人にはおススメしません

難しい内容が多いので途中で挫折してしまうこともありえますので。

 

しかし、自分のようにプログラミング初心者であっても、目標を持って受講すれば、ちゃんと講義を修了することができるということです。

受講後すぐに転職することはできませんでしたが、

卒業後設けられるRaiseTech サポートを受けながら転職活動を続けることで、契約社員として転職することができました

AWSを扱っている会社に就職する際、RaiseTech(AWSフルコース)で講習を受けていたという実績有利に働いたように思います。

また、現場でもRaiseTechで学んだことを活かすような場面が多くあり

最後まで受講を続けて本当に良かったです。

 

 

 


いかがでしたでしょうか?

 

今回の体験談の方は、未経験からAWSエンジニアへの転職を成功させました。

勉強の途中で苦戦し挫折しそうになりながらも、それを乗り越えて手に入れた、

将来性抜群のAWSエンジニアの仕事ですから、喜びも一入(ひとしお)だったのではないかと思います。

 

この「成功」の蔭には、

ご本人の努力があったことは言うまでもありませんが、

同時に

本当に稼げるエンジニアになるための明確な戦略」と

その戦略の弱点(挫折)を徹底的に防ぐためのサポート体制

両方を持つRaiseTechの力が大きかったのも事実だと言えます。

 

もちろん、卒業生が1人の例外もなく転職に成功している訳ではないかも知れませんが、

 

実際に稼いでいる現役エンジニア講師への質問回数無制限&質問内容不問」や

受講終了後でも半永久的に講師への質問可能」は

エンジニア転職や副業・フリーランスを成功させる上で、

十分に信頼できるサポート体制だと言えるのではないかと思います。

 

「エンジニア転職に絶対失敗したくない」

「エンジニア転職したいけど、未経験者は飽和してるって聞くし不安・・・」

 

などの悩みをお持ちの方にとって、RaiseTechは

そのお悩みを解決できる

最有力の選択肢になるエンジニアリングスクールだと言えます。

 

 

 

KataLibe(かたりべ)
KataLibe(かたりべ)

ちなみに現在、当ブログからRaiseTechに受講申し込みされた方限定で、

10,000円キャッシュバックさせて頂くキャンペーンを実施中です!

 

なお、このキャッシュバックはRaiseTechの各種割引と併用可能なので、かなりお得なものとなっています‼

 

キャッシュバックには条件がありますので、

キャッシュバックご希望の方は「お問い合わせフォーム」より必ずご連絡下さい

 

今回は以上になります。

お読み下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました