【作られた評判はいらない】CODEGYM Monthly(コードジムマンスリー)なら「実現したい未来」を叶えられるのか?【革命的な驚愕のコスパ】

IT

 

 

  • プログラミングを学びたいけど、なるべくお金はかけたくない
  • 最短ルートで上達したいので自分だけのカリキュラムやコーチが欲しい
  • ウソや誇張はいらない。本当に頼りになるスクール(サービス)を知りたい

  

近年の「ITエンジニア転職人気」や「DXやAIの潮流」に伴ってニーズが高まって来たプログラミングと

それを教えるプログラミングスクールですが、

一方で、

高額な料金を払わされたけど、プログラミングが全然身につかなかった

プログラミングスクールに通ったはものの、仕事の進め方は分からないし、案件も獲得できない

など、「闇が深い」と思える話も聞こえてくるようにもなり、

プログラミングスクールに対しても以前よりも厳しい選択・検討の目が必要になって来てました。

 

そのような状況で、

月額25,000円からのサブスク料金」でしかも「自分だけのカリキュラムと専属コーチ

が大きな特徴である「CODEGYM Monthly」は

お金も時間も無駄にせず、プログラミングを確実に学びたい

と考える方にとって、特に気になる存在です。

 

そのような「CODEGYM Monthly」に対して、

冒頭に挙げたような思いを抱いている方は少なくないと思いますし、

私自身もそうでした。

 

今回はこういった要望にお応えするため、

CODEGYM Monthlyの特徴(長所や注意点等)をご紹介した上で、

どんな人に向いているのか?

どんな人には不向きなのか?

といった点を遠慮や忖度せず、具体的に明らかにしていこうと思います。

 

さらに今回はCODEGYM Monthlyの創設者の1人であり事業責任者である栗林和矢さんに直接取材を行い、

ホームページやパンフレットだけでは見えてこない、かなり踏み込んだ話を聞くことができました。

中でも、

CODEGYM設立の背景ともつながる「『情弱ビジネス』と化した最近の業界の風潮」に対する認識や、

それに対するCODEGYMが出した答えについての話は、

かなり率直で正直な話が聴けました。

 

今回の記事は「厳しい・辛口」と思われる表現が一部ありますが、

読者の皆様の「プログラミングスクール業界の現状認識」と、

それに基づくプログラミングスクール(サービス)選びのために大いに参考になる内容だと判断しましたので、

そういった表現も記載させて頂きました。

 

ですので、

CODEGYMに限らず、現在プログラミングスクールの受講を検討中の方は必ず読んで欲しい

今回の記事となっています

 

 

最初にCODEGYM Monthlyの基本情報を確認した後、

本題の「CODEGYM Monthlyへの向き・不向き」や「栗林さんへの取材内容」等をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

CODEGYM Monthlyの基本情報

 

項目細目
コース・ライトプラン
・スタンダードプラン
・スタンダードWプラン
料金・ライトプラン:24,970 円 ( 税込 ) / 月
・スタンダードプラン:38,280 円 ( 税込 ) / 月
・スタンダードWプラン:65,780 円 ( 税込 ) /月
授業オンライン

 

 

フィットネスジム感覚のスクール

CODEGYMは名前の通り、「フィットネスジム感覚で学べるスクール」とのコンセプトで、

個々人の様々な目的のプログラミング学習に対応しています。

 

「ブログ運営でSEOを理解するためにプログラミングの基礎を学びたい方」

「営業職だけどプログラミングの知識を学んで、成果をあげたい方」

「就活で有利になるためにプログラミングを学びたい方」

「子供と一緒に、この機会にプログラミングを自分も学んでみたい保護者の方」

「エンジニア転職を考え始めた異業種の方」

「エンジニアと仕事を円滑に進めたいビジネスマン」

など多種多様な目的に対応しています。

 

サブスク型の料金なので安心

一般的なプログラミングスクールでは

入学金数十万円に加えて月額数万円かかる」もしくは「一定期間で数十万円かかる

といった料金体系のところが多く、受講する際の金銭的なハードルが高いのも特徴でしたが、

CODEGYMでは、定額課金制の「サブスク型」なので、学習にかかった期間だけ料金で済みます。

また、入会金が現在無料になっているので、かかるのは料金は月額料金のみです。

 

 

ココから今回の本題に入ります。


 

CODEGYM Monthlyってどんなところ?

個々人に最適化されたカリキュラムとコーチ

 

CODEGYM Monthlyは、新しいタイプの「個人向けプログラミング学習」を支援するスクール(サービス)です。

CODEGYM Monthlyでは、受講者一人一人に合わせたカリキュラムを提案し、個別に立てた目標へ向けて受講者へのサポートをおこないます。

 

従来型の一定数の集団に対して最適化されたプログラムに基づいて講習をおこなうプログラミングスクールとは違い、

一人一人に最適化した独学型のカリキュラムで受講者をサポートし、コーチングしていきます。

 

自分だけのプランだから最短ルートで上達できる

 

従来型のプログラミング教室だと、

カリキュラムが一律であるがゆえに受講内容と受講者側が希望している内容とにズレが生じてしまったり、

希望していない内容の講義を受講しなければならなかったりします。

 

しかしCODEGYM Monthlyでは、

受講者の希望に合わせて「その人だけのカリキュラム」を組み上げていくため、無駄がなく、なおかつ学びたい内容だけをみっちりと学習することができるので、

最短ルートで必要とするプログラミングの知識と技術を身につけることができます。

 

自分の「未来のありたい姿を達成している」コーチが専属指導してくれる

 

CODEGYM Monthlyでは「受講生の『ありたい状態』を実現する」ことを掲げており、

そのために「個々人に最適化されたカリキュラム」と「専属コーチによる指導(コーチング)」が用意されています。

 

特に注目すべきは、専属コーチが「受講生の『ありたい状態』を実現している存在」だという点です。

つまり受講生が本当に望んでいる「実現したい未来の姿」を体現する存在から「そうなるためのコーチング」を受けることができますので、

単なる美辞麗句ではない、本当の意味での「上達のための最短ルート」を歩むことができると言えるかと思います。

 

 

 

CODEGYM Monthlyのおススメのポイント

 

オンラインで全て完結する

 

CODEGYM Monthlyのメリットの1つは、オンラインに特化している点です。

コーチとなるエンジニアがオンラインでの面談を基に個別のカリキュラムを作成し、

オンラインによる自宅学習でそのカリキュラムを進めていく形になるため、外部の教室まで出向く手間は一切ありません。

また、定期的にオンラインで担当のエンジニアのコーチングを受けることができるため、

自分の力で着実に目標に向かって歩むことが可能です。

 

受講料を抑えつつも学習効果が高い

 

メリットの2つ目は、受講料が従来のプログラミングスクールに比べて安価である点です。

CODEGYM Monthlyでは、

オンライン授業で使用する教材は市販のテキスト動画教材Web上で公開されている無料の教材外部サービスなどであり、

指導面も担当のコーチ(エンジニア)による定期的なコーチングがメインとなるため、

コストを抑えつつも、学習効果の高いプログラミング習得を実現できています。

 

抜群のコスパは「既存スクールへのアンチテーゼ」

画像出典:ウジェーヌ・ドラクロワ『民衆を導く自由の女神』

 

これもCODEGYM Monthlyの大きな魅力の1つですが、

個々人の『なりたい未来』への最短ルート」が歩めるにも関わらず、

月額約25,000円から学び始めることができるというコストパフォーマンスの高さがあります。

 

この料金は最低でも3ヵ月50万円~80万円の料金がかかる(特にマンツーマン型の)従来型のプログラミングスクールでは

考えられないくらいの受講料の安さだと言えます。

 

しかもコーチングによって身につくのは「自力で自学自習を進めていける力」であり、

さらに、使用する教材も市販のものや無料動画等を使用しているので、

CODEGYM Monthlyで一旦で学んで身につけられた勉強の仕方学習習慣などは、辞めた後でも生きます。

こういった特徴を考えると、支払った受講料以上の価値が得られると言えます。

 

なお、このような非常にコストパフォーマンスの高いサービスをリリースした背景には、

CODEGYMの創設者の一人であり事業責任者である栗林和矢さんの熱い思いが込められています。

CODEGYMの創設者の一人であり事業責任者の栗林和矢さん

サービス不相応な高額な料金を受講生に求める「既存のスクールに対するアンチテーゼ」として

リーズナブルな料金良質なサービス両立しうることを示したい!

との栗林さんの強い信念が現れたものだと言えます。

 

 

受講生同士のコミュニティでモチベーション維持

また、CODEGYM Monthlyの受講者同士のコミュニティがあることもメリットの1つです。

コミュニティマネージャーと呼ばれる専門のスタッフが在籍しており、

ゲストを招いたイベントオンラインでの勉強会などが定期的におこなわれています。

 

コミュニティを介して他の受講者たちと繋がることができるため、

個人学習でも孤立せずに、学習へのモチベーションを保つことができます。

オンラインでの飲み会なども定期的に開催されており、

現実のスポーツジムのような感覚で受講することもできます。

 

CODEGYM Monthlyを利用する場合の注意点は?

 

自学自習を続ける姿勢が求められる

CODEGYM Monthlyのサービスの基本は自学自習です。

現役のエンジニアがコーチングしてくれるもの、本質的には自学自習の姿勢が求められるため、

受講によってプログラミングを身につけられるかどうかは、究極的には受講生自身のやる気と努力によるところが大きいです。

また、受講場所はオンラインなので教室などの特別な場所ではない分、本人の意志と集中力最重要となります。

 

着実な上達のために必要な「自主性と謙虚さ」

 

非常の魅力的なCODEGYM Monthlyですが、受講生に求められる基本的な姿勢は「自学自習」ですので、

自主性謙虚な姿勢」が従来型のスクールよりも必要とされます。

 

この点についてCODEGYMの栗林さんにお話を伺ったところ、

自学自習である以上、「受け身な姿勢」では勉強が進まないのは当然として、

大抵の受講生にとって未知の領域であるプログラミングを勉強にすることになるので、今までの自分のやり方が通じなく場面も多くあるかと思います。

そんな時こそコーチの教えやアドバイスに素直に耳を傾ける「謙虚さ」が大事になるようでして、

その「謙虚さ」を素直に出せるかどうかで、プログラミングの上達のスピードも大きく変わって来るそうです。

 

コーチは基本的には変えられない(ただし応相談)

また、CODEGYM Monthlyでは原則として、一度決定した担当エンジニアを変更することはできません。

どうしても合わない」と言う場合は運営へ相談すれば変更できる場合もありますが、留意はしておきましょう。

 

 

CODEGYM Monthlyの受講に向いている人ってどんな人?

 

自主的に学べる人におススメ

CODEGYM Monthlyは自学自習が基本となるサービスであるため、

一人でもコツコツ努力ができる人」や「自分から積極的に学べる人

には非常におススメできるサービスだと言えます。

 

従来のプログラミングスクールの「講師から受講者へ」の受け身型ではなく、

受講者が積極的にコーチと話し合って学習を進めていくスタイルですので、

受け身な方よりも自分から進んで学んで行きたい人にはとても向いていると言えます。

 

資金不足や多忙などの制約がある人にもおススメ

また、CODEGYM Monthlyの学習サービスは他の一般的なプログラミングスクールよりも安価に受講できるので、

資金力に乏しい方(学生等)にもおススメですし、

オンラインで時間や場所を柔軟に選べるので、「仕事などが忙しくて時間がとりづらい」という方にもおススメです。

 

ちょっと補足

CODEGYM Monthlyに向く人・向かない人

 

この点についてCODEGYMの栗林さんに率直にお訊きしたところ、

まず「向く人」についてですが、

先にお伝えした「自主性と謙虚さ」をお持ちになる方だとプログラミングの上達は早いですし、向いていると思います。

「何のためにプログラミングを学ぶのか」を明確に言える方も向いていると思います。

学習の目標を具体的に立てやすくなりますのでコーチングもしやすいですので。

 

逆に「向かない人」ですが、

「現在のところウチで対応が難しい領域(AI、ビッグデータ、ロボット系、ゲーム系)のプログラミング」を学びたい方はウチでは厳しいと思います。

 

また、「プログラミングを学んで年収を一気に上げたい」等の現実離れした願望を抱いてプログラミングを学ぼうとされる方も向いていないと思います。

と言いますのは「理想と現実との距離」に直面した時に「心が折れてしまう」ことが多いからです。

プログラミングを自分にとっての具体的な何か(課題等)を解決するために学ぶという姿勢の方が、目標が遠すぎないので挫折しにくいですし、

何よりプログラミングそのものを楽しんで学んで行けると思います。

とのことでした。

 

これも栗林さんのCODEGYM設立の背景とつながってくる話なのですが、

昨今の一部に見られる「プログラミングに過大な夢を抱かせる風潮」が

無知な犠牲者」や「無謀な向こう見ず」と見られる人達を生み出し、

同時にそういう人達をいわば「食い物」にして拡大して来た勢力も生み出してしまった現状に対して、

栗林さんは義憤に似た思いを感じていらっしゃったようでして、

そのような思いがCODEGYM設立の原体験の1つになったとのお話も伺えました。

 

そして、もちろんですが自分の目的にためにプログラミングを学んで行くという強い意志があることが前提です。

 

 

今回のまとめ

 

今回の内容をまとめます。

 

CODEGYM Monthlyの特徴(メリット)

  • 受講生個々人に最適化されたカリキュラムとコーチの存在
  • コスパの良さはプログラミングスクールの中でも屈指
  • オンライン完結なので時間場所が比較的自由

 

CODEGYM Monthlyに向く人

  • 自学自習が基本なので自主的な人
  • コーチの指導に謙虚に耳を傾けられる人
  • プログラミングを学ぶための具体的な目標を持っている人

 

CODEGYM Monthlyに向かない人

  • AIやビッグデータ、ゲーム系、ロボット系を学びたい人(現在指導困難のため)
  • プログラミングに過大な夢を抱く人
  • 頑固で独りよがりな人
  • 自分の悩みや要望を言葉に出して説明できない人

 

総評

CODEGYM Monthlyはプログラミングを自分自身の現実的な問題解決や目標実現のために役立てたい人に向けてのサービスであり、

プログラミングを学ぶことで「未経験から年収1,000万円を実現」などのような過大な夢を追い求める人には向かないと言えます。

 

今回、創設者の一人であり事業責任者の栗林さんに取材し、

自サービスの長所(専属コーチの質の高さや料金面等)を嫌味なくアピールしつつも、

苦手な領域は苦手だと正直に言う誠実な姿勢や、

「プログラミングで人生逆転」のような風潮とは真逆の「現実的で堅実な目的のために学ぶこと」を推奨している点などから、

「未経験者にプログラミングに過大な夢を抱かせて、その実『食い物』にしようとする一部の勢力」とは一線を画す、誠実・現実的・堅実なサービスだと感じました。

 

CODEGYMは「ラクして大金を稼ぐ」という類の無責任な甘い夢は見させてくれませんが、

プログラミングを学ぶことで手に入れたい、具体的で現実的な「ありたい未来の自分」を実現するための最短ルートを一緒に走ってくれます。

 

そういった姿勢に共感できる方には非常に強くおススメできるサービスだと思います。

 

 

今回は以上になります。

お読み下さりありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました